星を獲りに…

f0288839_1292275.jpg

OLYMPUS PEN E-PL5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8  
〔丸沼高原〕


8月12日から0泊2日で、カメラ友達のかよちゃん&栗ちゃんと一緒に、
ペルセウス座流星群と吹割の滝とブナ林を撮るカメラ女子遠足を企画して行ってきました。

玉原湿原でハイキングしながらブナ林の木漏れ日を玉ぼけで撮ったり、
吹割の滝で三脚を使って滝の流れをフワ~っとさせて撮ったりしました。

f0288839_1204261.jpg

OLYMPUS PEN E-PL5 + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R  
〔玉原高原〕


f0288839_1223465.jpg

OLYMPUS PEN E-PL5 + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R  
〔吹割の滝〕


今回のカメラ女子遠足の目玉イベントはペルセウス座流星群!
丸沼高原に移動して上を見上げると満天の星空。
星空ガイドの星野さんが天体望遠鏡で月のクレーターや土星の輪っかを見せてくれたり、
レーザーポインターを使ってカシオペア座や夏の大三角形、スバルの位置を教えてくれたり。

星野さんの解説の間も、ピュン。ピュン。と流星が流れ、そのたびに「あっ!」と歓声が上がっていました。
流星も感動でしたが、天の川を生まれて初めて見たのがうれしかったです。
今までも天の川を見ていたかもしれないけど、星野さんが教えてくれて白いモヤモヤが天の川だということを認識しました。

f0288839_1247553.jpg

OLYMPUS PEN E-PL5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8  
〔丸沼高原〕


みんなでの星空観察が終わると、出発までの約4時間は自由行動。
温泉に入ったり仮眠を取ったり。ツアーの参加者は好きなように過ごせます。

もちろん、私たちは三脚をセットして流星撮影♪
事前に「流星 撮り方」をGoogleで検索をして、カメラの設定を頭に入れていたけど、
知識と実際の撮影はぜんぜん違います。
やはり一番たいせつなのは経験ですね。

【事前に調べて得た知識】
・絞りは開放F値
・ISO感度はISO1600~3200
・ピントはマニュアルフォーカスで無限遠

【実際に撮影してみて思ったこと】
・夜の山はとてもとても寒い。ものすごくものすごく寒い
・星がぶれることで地球が回っていることに改めて気づく
・無限遠をだすのがけっこう難しい
・星空だけでなく前景を入れたほうがスケール感がでる
・星空撮影ならリモートケーブルが必要だけど、
 流星撮影ならセルフタイマーとシャッター優先AEの
 シャッター速度30~60秒でも意外に撮れる

撮影中は、気温が10℃ととても寒かったけど、
かよちゃんと栗ちゃんがいてくれたから、
たくさんたくさん笑って、笑うと腹筋を使うから少し暖かくなって。

満天の星空の下、友達と笑いあって一晩を過ごすなんて、
本当に本当に幸せだなあ。

流星写真は反省点&改善点がたくさんあるし、
あの楽しい時間を過ごしたいので来年も行きたいと思いました。
[PR]
by tsunacamera | 2013-08-14 13:21 | しゃしん


突っ走ったら止まれない日々を綴ったツナ☆カメラの日記です。


by tsunacamera

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
しごと
せいかつ
しゃしん
未分類

以前の記事

2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月

ライフログ


写真図解でわかりやすい まりこ先生が教える イチバンやさしい写真の教室


光と色の写真の教科書 ~ふんわりフォト&こっくりフォトが思いのまま


写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影Q&A事典101

その他のジャンル

外部リンク

画像一覧